診療内容

まず当科は日本循環器病学会研修施設、日本心血管インターベンション学会研修施設、ロータブレーター認定施設、植え込み型除細動器認定施設、心臓再同期療法認定施設、日本老年学会認定施設、日本呼吸器学会認定施設となっています。

当科では、循環器疾患、呼吸器疾患に対して、様々な最先端の治療を行なっています。
また循環器呼吸器ともに緊急の場合は24時間受診を受け付けています。

当科で診療を行っている主な疾患は下記のとおりです。

循環器疾患

  • 虚血性心疾患
    狭心症・心筋梗塞:労作性狭心症、安静時狭心症、不安定狭心症、急性心筋梗塞、陳旧性心筋梗塞
  • 不整脈
    頻脈性不整脈・徐脈性不整脈:心房細動、心房粗動、上室性頻拍症、心室性頻拍症、心室細動、洞性徐脈、洞結節機能不全、完全房室ブロック
  • 心不全
    弁膜症・心筋心膜疾患・心筋変性疾患:三尖弁、肺動脈弁、僧帽弁及び大動脈弁疾患、急性心筋炎、急性心外膜炎、拡張型心筋症、肥大型心筋症、二次性心筋症(心サルコイドーシス、心アミロイドーシス)
  • 肺塞栓症、肺梗塞、下肢深部静脈血栓症
  • 高血圧
  • 動脈硬化症
  • 高脂血症
  • メタボリックシンドローム

呼吸器疾患

  • 肺癌
  • 気管支喘息
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
  • 間質性肺炎
  • 肺炎など

肺癌は呼吸器外科(第二外科)や放射線科と協力して集学的治療を行っています。また、外来化学療法を積極的に行っています。

気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患、肺炎などの疾患に対しては最新のガイドラインを踏まえた上で、それぞれ患者さんに最適な治療を行っています。